足痩せに挑戦!!あこがれの脚線美をゲットしようw

足痩せに挑戦!!足痩せの実践記録。 足痩せダイエットで憧れの脚線美をゲットしようw 足痩せにまつわるノウハウやエステ体験談など。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

足痩せのトラブル



バランスのいい真っ直ぐな足!脚!が美しい足の条件に一番に挙げられると思います。

バランスのいい脚とは?具体的に言うと、かかとを付けて立ちます。太もも、膝、ふくらはぎ、内くるぶし、つま先の5点が両足に付いていて、接点の間には適度な隙間もある脚の事を言います。

5点の内どこか接触しない部分がある場合は、O脚や、X脚体の歪みがあるのでは?と考えられるし、隙間がない場合は脂肪や、むくみがあるといった足のトラブルがあると考えられます。

本来、下半身太りとは何故身の上に起こるのでしょうか?
足痩せで悩んで、色んなダイエットで痩せようと頑張ってダイエットしてみて、結果効果が出ないとか、別の痩せて欲しくない場所が痩せてしまったとか、新たな悩みが増える結果となる人も少なくないと思います。
なんでそういう事になるんだろうかと悩む人が多いと思いますが、これは下半身全体が他の場所とは違った太り方をする事に原因があるのです。

「太る」メカニズムは脂肪細胞の中にある脂肪の数の多さが太る現象となっています。脂肪は入れ替わりをするのですが、出て行く脂肪が少なく、入ってくる脂肪が多いと結果太ってしまいますよね。
その出入りを調節しているのがレセプターという受容体の部分なのですが、脂肪貯蔵レセプター1個に対し、脂肪放出レセプターが6個付いているのが通常の脂肪細胞です。

ですが、下半身は逆で、脂肪放出レセプター1個に対し、脂肪貯蔵レセプターが6個付いてる事になるので、ほかとは違ったダイエット方法をしなければ、やせることが出来ないということになります。


スポンサーサイト

PageTop

足のダイエットにいい入浴法



入浴はダイエットの有無に関わらず、疲労を取ったり、精神的にリラックスしたりする最も大切なものだと思います。
が、入浴時のダイエットもより効果的だと思います。

入浴時に効果的な脚のダイエットの方法をご紹介します。

1.ぬるめのお湯に膝下をつかり、十分に暖まってから太ももまでつかるようにします。
2.次に腰までお湯につかり、暖まってから最後に全身をつかるようにします。

この方法だけで体が芯から暖まり、血行もよくなり脚の脂肪も落としやすくなり、ホントに足痩せには効果が大きい入浴方法だと思います。

上記の方法のように、ぬるめのお湯に腰から下の下半身を30分くらいかけてゆっくり入浴する方法は、老廃物を取り除いて、さらに美肌への効果もあるので是非試してみたい入浴方法ですよね。

このとき、発汗作用がある入浴剤ハーブなどを入れるとより効果が増します。

足裏の状態が不調である場合、体調不良に繋がる原因となる事があります。
足裏を治して、心身とも健康になっていきましょう。

足裏の状態が不調になってたり、体が歪んでたりすることは、現代女性の多くに症状が見られます。女性の体は出産に対して重要な役割を担うような体作りになっています。
ですが、男性と比べて女性は筋力も無く、間接も浅く作られているため、ストレスを受けやすく様々な不調が生じます。

脚や腰が太くなりやすいのも、女性特有のものであるのでそのメカニズムをよく理解してからダイエットを行わないと、効果が半減してしまうという事にもなりかねません。

PageTop

足が細くなり綺麗な足を維持する方法



皆さんバランスよく歩いていますか?バランスがいい歩きとは3点歩行で足裏を安定させて歩く事です。
3点とは「かかと」「指の付け根」「足指」の3点を指します。

モデルさんの歩き方をテレビなどでよく見てみると、地面をしっかりと踏みしめて歩いているのが分かります。

この歩き方をすると余計な負担が下半身にかからないし、全身のバランスを足裏でコントロールが出来るし、余計な筋肉や脂肪を脚に付けない様に歩く事が出来るようになります。

バランスをうまくとらないで歩くと、足が太くなっていきます。
キレイな足を作るには足裏にある3点を使ってうまく歩いてみてください。

まっすぐ歩く癖を付ける為に、開脚運動を行ってみましょう。脚を90度以上に広げて、手を前に出してゆっくり前に上半身を倒して行ってみます。
最初は出来ないかもしれませんが、毎日少しの時間でも続ける事によって、ひざを締めて歩く癖を身についていきます。大体期間的には1ヶ月程は様子を見るようにしてください。

食に関するダイエット等、色んなダイエット方法がありますが、場合によっては体に不調が出たり、悪影響が出たりする場合もあるので、十分注意して行う事が不可欠となります。

そこで、新陳代謝を上げる安全な運動をやってみましょう。
座布団やクッションなど、脚に置き、うつ伏せになります。もう一人はうつぶせになった人の足裏を優しく踏んでいきます。そうすると、血行もよくなり、うっ血がよくなります。その結果新陳代謝を上げる事が出来るのです。



PageTop

足痩せ



夏が近くなると、気になってくるのは足ですよね。
足が太いと水着が・・・とか色々気になるものです。
そこで足痩せ足痩せにはどのような方法があるのでしょうか?

まず思い浮かぶのはマッサージですよね。
最近はリンパマッサージというリンパ液の流れを正常にしてリンパ節へ流し、浮腫みを取っていくことで足痩せが出来るという物です。
足のリンパ節は股関節、膝の裏など、骨と骨のつなぎ目あたりにあります。
リンパとは液体で白い血液と呼ばれています。

リンパ液に老廃物を運んでもらって、体外に排出する働きがあるのですが、流れが悪くなると血流も悪くなり浮腫みやすくなり、浮腫みを解消しないままで放っておくと足が太くなってしまうという事になります。

エステティックサロンや、アロマサロンなどには「足痩せコース」のような足に重点を置いているメニューを取り入れている所も多いと思います。

リンパマッサージはエステだけでなく、整体でも受ける事が出来ます。
また整体などに行かなくても自宅でお風呂に入るついでに自分で行う事が出来ます。その方がお金がかからなくて済みますよね。

足痩せでダイエットが確立できる食事や習慣にはいったいどんなものがあるのでしょうか?足痩せの場合は特に身体を冷やさない事が大事です。
身体を冷やすと血行が悪くなり、脂肪も燃焼しにくくなり、当然ダイエットはしにくくなります。逆に身体を冷やすと脂肪をつけて身体の熱を逃がさないように守ろうとして蓄えるようになってしまいます。そして太っていく結果となります。

足痩せを目指すなら、冷房が効いているところは避けるようにし、肌をあまり露出しないような服装を心がけ、肌着を付けるようにしましょう。

上記のような事を踏まえたうえで、足を鍛えます。
鍛え方は以下の通りです。

手を壁に付けます。電話帳くらいの厚さの台を用意します。
そこに昇り、つま先立ち→戻す→つま先立ち→戻す を繰り返します。
これを繰り返す事により、代謝も良くなり足痩せを実現する事が出来ます。

とにかく足を動かすと言う事が大事です。座りっぱなしや立ちっぱなし見たいに同じ姿勢をずっと取っているとむくみやすくなります。
むくみを改善するには足を動かすのが一番効果的です。

PageTop

足痩せダイエットの目標



目標と言うのはダイエットに限らず、立てる事が重要だと思います。
なんとなく痩せたいなぁ、ダイエットでもするかみたいな感じだと痩せられません。
イメージ目標みたいな感じで、自分がどうなりたいというのをイメージし、より具体的に目標に向かっていけるかで成功するかしないかは変わって来ると思います。

ダイエット目標の立て方ですが、体重を減らすと言う事を目標にするのではなく、体脂肪率やお腹や太ももの太さなどを減らす事を目標としましょう。

まず、なんで体重を気にする必要があるのでしょうか?気にする人って本当に多いですよね。体重なんて言わなければ分からないし、個人差もあるし、体格や慎重によって異なるしで意味がないと思うんです。

体重が減れば、お腹や太ももが細くなる可能性は大いにあります。が、身体が太くなって見えても体重が落ちる場合もあります。りんごダイエットのように一つの物を食べ続けて痩せるようなダイエットをした場合になります。こういった場合、筋力が落ちるため内臓脂肪とか付きやすくなり太って見えたりするし、筋力が落ちるので代謝も悪くなります。で、栄養失調状態に陥った身体が欲してるのは栄養なので、少しでも食事をするとそこから栄養を溜め込もうと身体が必死に働き、脂肪が急速に増える事になります。

密度は筋肉のほうが脂肪より大きく、重量が多いので体重は減ったように見えますが、体脂肪率が増えて、見た目的に太って見えると言う結果になります。
また、無理なダイエットをするとリバウンドが必ず来るし、拒食症になった場合、まれにしにいたる場合もあります。

上記は例えの例ですが、実際にあなたの身の上にも起こらないとはいいきれません。ですので十分気をつけてくださいね。

ダイエット成功の秘訣は、目標を紙に書いて、目に付くところに貼ったり、理想のプロポーションを持つ有名人の写真などを見てイメージしたりすることで、痩せようと言う意識が無意識に働き痩せやすくなると思いますよ。

PageTop

足痩せする方法



ダイエットをしようと思ったきっかけっていったいなんでしょうか?

・周りに「太ったね」と言われたから
・昔着れてた服が着れなくなったから
・お腹の肉などが掴めるようになっちゃったから

上記のようなネガティブな理由がきっかけだと思います。
しかし、好きな人に「痩せろ」と言われて痩せなくちゃという思い出痩せるのは決していいことではありません。
誰かに言われてやるのだと、ダイエットを「しなくちゃ」という義務感にかられ、嫌なイメージが頭に浮かび、ストレスが貯まるようになります。
ストレスが貯まると、発散するために食べすぎ、便秘になったりと身体によくない現象が起きます。

ネガティブな考えは捨てて、ポジティブになりましょう。
・痩せたら、カッコイイ彼氏が出来るようになる
・痩せたら、着れなかったカワイイ服が着れるようになる
・痩せたら、お腹や足や腕などが出せる

だから痩せましょう
と言う事が大事です

こうすると、ダイエットをするたびにプラスのイメージが沸いてきて、どうすれば痩せられるのか?と言う事が探しやすくなります。
楽しんで、かつ痩せられるっていうのは嬉しいですよね。

思えないという方は声に出して言う事、いいイメージを紙に書いて目に付くところに貼っておくというのも自然と意識の中に入ってきて重要な事です。

例えば社訓や心構えなどを会社の始業前に声に出していう会社があるじゃないですか。毎日声に出して繰り返す事によって、無意識に出来るようになったり身体に染み付いたりしてくるようになってきますよ。

いいイメージを持てるようにして痩せられるように工夫しましょう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。