足痩せに挑戦!!あこがれの脚線美をゲットしようw

足痩せに挑戦!!足痩せの実践記録。 足痩せダイエットで憧れの脚線美をゲットしようw 足痩せにまつわるノウハウやエステ体験談など。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

足が痩せる自転車の乗り方



自転車に乗って足痩せをしてみましょう。と聞くと足が競輪の選手みたいに筋肉で太くなってしまうのではなでしょうか?って不安になる方もいると思います。

競輪選手は短い距離を全力で最大限の力で走れるように負荷をかけたり、ウェイトトレーニングをしたりと特別なトレーニングをしているから、太ももの筋肉が発達して太くなってしまうのですが、普通の人が普通の自転車でどんなに長い時間乗ったとしても、ああいう鍛えられた太ももにはなりませんので安心してください。

足を細くする自転車の乗り方ですが、ママチャリのような自転車でも出来ますが、出来るだけマウンテンバイクのようなスポーツ車の方がより効果は上がってくると思います。
特別な乗り方はありませんが、乗ってて気持ちいいなぁ?って思うギアの重さよりも一つか二つほど軽いギアの重さにして負担がかからないようにして、くるくる回すような感じでペダルをこぎます。

この方法で1回30分以上、週に2回くらい、3ヶ月ほど継続していただくと、何も運動をしてこなかった方でも太ももが2?3センチ位は細くなるそうです。
特に女性に効果が現れやすいみたいです。
それと、継続する事が大事ですので是非やってみてくださいね。

この方法を成長期の子供がやってみると、足が長くなるみたいです。

但し、元々筋肉で足が太い方には更に筋肉などが付き太くなってしまい不向きなので自転車での足痩せ方法ではなく、別な方法で足痩せする事をお勧めします。

PageTop

足のふくらはぎが痩せる方法



足の中でも特にふくらはぎが痩せたくて、ふくらはぎを細くするために頑張ろうと思う方ってたくさんいると思います。が、不安点というのも多々あると思います。

ふくらはぎ筋肉がついた場合、逆に太くなってしまうのではないのか?ということです。スポーツ選手(例えばお相撲さん)のように立派なふくらはぎになってしまってはどうしようもないですよね。

スポーツ選手を見てみれば分かるように、結構激しい動きをしてるのに、美脚であり続けるスポーツ選手って結構いますよね。

まずあげられるのがシンクロ!シンクロの選手はO脚X脚にならないよう、骨の周りに筋肉が均等に付くようなトレーニングをたくさんして、脚線美を追求しています。

次にマラソン選手の足ですが、長距離を走るために遅筋と呼ばれている持久力形の筋肉を長距離選手は鍛えていています。ふくらはぎを痩せるために実現するのには持久力系のエクササイズをすればいいって事になりますよね。

ゆっくり長く続けていく事でふくらはぎが簡単に痩せる事が出来る運動は、縄跳び階段の上り下りです。
なぜゆっくり長く続けていくのがいいのかというと、短時間に負荷を大きくかけてしまうと、逆に筋肉が太ってふくらはぎが太ってしまうからです。

痩せるには、身体のどこに関してもですがまずは筋肉をつけてから脂肪を燃焼させて、それで痩せると言うのが基本です。運動で痩せるって言うのは健康にもよいのでふくらはぎ痩せと運動で健康的でキレイになってくださいね。

PageTop

自宅で足痩せ



あるエステティシャンの人が経験した体験談をお伝えします。

足痩せを目的にしてたのにダイエットと言う目的に変えられ、多額のローンを組まされたり間違った方法でダイエットしたり、足痩せコースを組まされて時間とお金の無駄遣いをさせられてる人が大勢いると思います。

エステに関して話すと、純粋に美容癒しが好きで、一人でも多くの女性がきれいになるためのサポートをしたいと思っていたエステティシャンにとっては辛い場所だったようです。

会社を経営していくには利益を出さないといけないわけですから、仕方のない事なんですけど、実態は酷いものだったらしいです。

多くのエステ会社では、最初、無料体験があるところがあると思いますが、これがハマりの第一歩になり、即効性、効果をその日に実感してもらうために全力を尽くして施術する。その後、この効果を維持、またはよりよくするためには、いかに回数多く通ってもらうかをとんとんと説明し、高いコースを組んでもらうのですが、これが営業能力が高くないと厳しい作業だと思います。

こういう作業をしてもノルマに到達していないと、関係ない人まで営業をしてコースを組んでもうと言う一番嫌な仕事をしなければなりません。

エステ全般が悪いわけではなく、皆さんのエステに対しての謝った認識がカモにされやすくなってしまうのです。

エステは痩せるためのサポートをする場所であり、決して行くだけで痩せられるという場所ではありません。

サポートをしてもらったら、エステに行かなくても本当の意味で維持できるよう努力しないと本当の意味での目標達成にはなりません。

足痩せはダイエットではないから努力が必要となります。
私生活でもこころがけて、自宅でも維持が出来るよう努力し本当の意味で足痩せを実現できるよう頑張りましょう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。